【歌手:和田アキ子】東南アジアの子供の里親になっていた?薬での逮捕歴は?紅白でマイク無しって本当?

和田アキ子さんが、「アッコのいいかげんに1000回」という番組内で、2018年2月21日(水)に急性心不全で亡くなられた大杉漣さん(享年66歳)について語られております。

「アッコのいいかげんに1000回」の画像検索結果

※大杉漣さんの記事はこちら↓

つい先ほど、突然の訃報がありました。 名バイプレーヤーとして知られている、大杉漣さんが急性心不全で亡くなられたという事でした。 享年66歳という事で...

和田アキ子さんは、大杉漣さんが亡くなられた事について、「勿論、心からお悔やみを申したいが、それと同時に、自身もいつ何時何があるか分からない事も考えさせられた。

ちゃんと生きないといけない」という事を語られております。

大杉漣さんとは「アッコにおまかせ」で18年前に共演された事があるそうす。

「アッコにおまかせ」の画像検索結果

年齢を重ねていくと、こうした「死」について考えなければならない時が誰しも訪れるものです。

考えたとしても解決出来るような話しでは無いのですが…。

今回は、和田アキ子さんについて記事をまとめました。是非、ご覧頂ければと思います!


スポンサーリンク



プロフィール


「和田アキ子」の画像検索結果

芸名:和田 アキ子

出生名:金 福子(김복자、Kim Bokja)

帰化前:金海 福子

帰化後:和田 現子

再婚後:飯塚 現子(いいづか あきこ)

生年月日:1950年4月10日(2018年2月24日現在:67歳)

身長:174cm

血液型:O型

出身地:大阪府大阪市天王寺区

学歴:城星学園高等学校 中退

職業:歌手、タレント、女優、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家

活動期間:1968年~

事務所:ホリプロ

薬での逮捕歴は?


和田アキ子さん破天荒ぶりを考えると、逮捕歴の一つや二つあってもおかしくないのでは?と思われる方も多いのでは無いでしょうか?

関連画像

結論から言いますと、和田アキ子さんは薬などでの逮捕歴は過去にありませんでした。

このような噂がたってしまった原因は、勘違いによるものと言われております。

その勘違いを引き起こした主たる原因は、特に和田アキ子さんと同時期に活躍されていた、下記2名によるところが大きいようですね。

・研ナオコ(薬物で1977年に逮捕)

関連画像
・美川憲一(薬物で1977年、1984年に逮捕)

関連画像

同時期に活躍されていたという事で、この3人は混同されてしまうケースがあるようです。

芸能界のドン的な存在の3人の内、2人が同時期に逮捕されており、和田アキ子さんのキャラも考えると、「もしかして和田アキ子もやってるんじゃないか?」という噂がたつのも納得ですね…。

和田アキ子さんのキャラと言いますか、今までのエピソードとしては、下記のような事があります。

・身長が高すぎるだけで「態度がでかい」といった陰湿なイジメを受けた

・小学生時代に、父親から暴力を受けていた

・父親が大嫌いであり、中学校2年生で飲酒や喫煙を繰り返していた

・大阪ミナミの繁華街を縄張りにした事で「ミナミのアコ」と恐れられていた

・CDケースの開け方が分からないため、拳で割って開けた

・世界でも通用する歌手名として「マーガレット和田」という芸名を考えたがイメージに全く合わなかった

もっと不良エピソードが色々とあり、武勇伝が出てくるかと思いましたが、そんな感じでは無いですね…。

関連画像

まぁ…このエピソードでも十分、凄いような気がしますが…。

それにしても、和田アキ子さんが過去に悪い道に走った原因は、父親の暴力という事なのでしょうかね…。


スポンサーリンク



紅白歌合戦でマイクなしだった?


またまた和田アキ子さんの凄い噂が飛び込んできました。

何と、1998年の紅白歌合戦で、和田アキ子さんがトリを務めた際、マイクなしの生声で歌ったというものです。

「和田アキ子 紅白 1998年の紅白歌合戦」の画像検索結果

色々と調べてみたところ。コンサートのみ生声で歌っている「今あなたにうたいたい」を紅白歌合戦の場で再現したいというオファーがNHK側からあったそうです。

勿論、和田アキ子さんも、最初のうちは断っていたそうですが、NHKスタッフの熱意に負けて歌う事となったそうです。

紅白歌合戦のコンサート会場は、約3000人が収容出来るホールですが、その隅々まで歌声が響き渡り、また、日本全国に感動が伝わり涙したという事でした。

これは本当に凄いですね…。

その当時の映像は無かったのですが、「今あなたにうたいたい」の生声はありましたので載せておきます。

正直、感動しました…。

東南アジアの子供の里親に?


和田アキ子さんは、吉村真理さんから「一口2000円で何口でも良い。それで東南アジアの恵まれない子供達の里親になる事が出来る」という事を聞き、何と1985年から援助を続けているそうです。

和田アキ子さんはフィリピン人の男の子の里親という事でした。

和田アキ子さんは、現在の夫と結婚した時に、子宮癌となり子供を産めない身体になってしまいました。

もし子供が産まれていたら、芸能界も引退をしようと考えていたそうで、出産に対する思いは人一倍強いという事になります。

「和田アキ子 子宮ガン」の画像検索結果

子宮を摘出する手術をするさい、承諾書にサインをした夫に対して「お前に私の気持ちが分かるかよ!」と罵声を浴びせた上に泣きじゃくり、また、実の母親に「夫の子供を代わりに産んでくれ」と言ったという過去があるそうです。

つまり、この里親制度に関しては、和田アキ子さんにとっては、単なる資金援助という事では無く、子供を持つ親の喜びを実感出来るものでもあり、尊い心の交流でもあったのです。

和田アキ子さんは、私のDNAなんて捨てちゃって構わないが、これだと思った旦那さんのDNAは次の世代に残したかったと語られております。

とても難しい話ですが、和田アキ子さんが里親になっている理由が何となくわかったような気がします。

「和田アキ子」の画像検索結果


スポンサーリンク



まとめ


世間を賑わせ続けてきた和田アキ子さんですが、もういつの間にか67歳だったんですね…。

普通のサラリーマンでも65歳が定年ですので、それを考えるとまだその年齢で第一線で活躍し続けている姿は本当に感服です…。

ご結婚もされ幸せな毎日を過ごされているとは思いますが、残念ながら、昔からの夢であった子供を出産するという事は叶わなかったという事で、とても辛い経験をされたのだと思います。

お茶の間にはいつも和田アキ子さんが居るというのが、世の中では当たり前になっている現在ですので、私としては、大杉漣さんが亡くなられた事は非常に残念でなりませんが、更に健康に気遣いつつ、これからも第一線で活躍し続けて欲しいなと思います。

まだまだエピソードが沢山あるのですが、今回の記事はこの辺で終わろうと思います。

最後までお読み頂き有難うございます!

関連画像