【男子フィギアスケート:羽生結弦】2018平昌オリンピックで金メダル!怪我の状態は大丈夫?彼女とのベッド写真が流出?

今回は、ソチオリンピックでも大活躍をし、平昌オリンピックでも見事に金メダルを獲得された、羽生結弦さんについて記事をまとめました。

怪我からの復帰戦で優勝という事ですので、とっても凄いですね…。

「羽生結弦」の画像検索結果

是非、ご覧下さい!


スポンサーリンク



プロフィール


「羽生結弦」の画像検索結果

名前:羽生 結弦(はにゅう ゆづる)

生年月日:1994年12月7日

出身地:宮城県仙台市

身長:172cm

体重:53kg

血液型:B型

怪我の状態は大丈夫?


羽生結弦さんは、2017年開催のISUグランプリシリーズ第4戦のNHK杯の練習中に、着氷に失敗してしまい「右足関節外側靭帯損傷」という怪我をしてしまいました。

関連画像

これは捻挫の一種であり、スポーツ選手が怪我をする中では最も頻度が高い怪我とも言われております。

「靱帯損傷」であればまだ長期的に休息を取れば治癒出来ると言われておりますが、「靱帯断裂」となれば話が変わってきます。

「靱帯断裂」という事になれば、手術は確実に必要となってしまいますので、復帰が非常に難しくなってしまいます。

羽生結弦さんが怪我をした際には、靱帯が完全に断裂してしまったのでは無いか?と心配の声が多数挙がっていたようですが、今回の2018平昌オリンピックに照準を合わせて、それまでの試合には出場せず、リハビリに励んでいたのだと思います。

無事、最高の復活が出来たという事で、本当に良かったですが、まだ無理はして欲しくは無いですね…。


スポンサーリンク



2018平昌オリンピックでの活躍は?


2018年2月16日におこなわれた、平昌オリンピックフィギアスケート:男子ショートプログラムにて、日本の絶対的エースである羽生結弦さんが完璧な演技で首位となりました。

4回転ジャンプも2回共に成功させ、3回のジャンプ[4回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半)、4回転-3回転連続トーループ]全てを成功させました。

ショートプログラムでの得点は、何と111.68点という事で、オリンピック連覇に向けて王手を掛けました!

その際、「とにかくやるべきことはやってきましたし、2ヶ月間滑れなかった間も、とにかく努力をし続けました。その努力をしっかり結果として出したい。」とフリーに向けて意気込みも語られました。

そして、2018年2月17日13時40頃に羽生結弦さんが男子フリーに登場しました。

これも、4回の4回転ジャンプを全て決め、ミスが無い素晴らしい演技をされました。

その得点は206.17点!合計得点は317.85点となり見事に金メダルを獲得されましたね!本当におめでとうございます!

「羽生結弦 フリー オリンピック」の画像検索結果

彼女とのベッド写真が流出?


羽生結弦さんと、韓国の女子フィギアスケート選手である、クァク・ミンジョンさんとの熱愛疑惑が浮上しておりましたので調べてみました。

「羽生結弦 クァク・ミンジョン」の画像検索結果

まず何故、このような噂が広まってしまったのかと言うと、羽生結弦さんとのツーショット写真をインスタグラムにUPしてしまった事が要因のようですね。

この撮影場所が、ホテルの寝室であった事から、韓国メディアも報道するほどの大騒ぎになってしまったようです。

過去から仲の良い友達というコメントをされておりますが、撮影場所が悪かったため「ベッド写真」として流出してしまったようですね…。

尚、この写真はだた単に友達が夜に集まってトランプで遊んでいたという事でした。

複数人でトランプを楽しんでおり、その時にたまたま2人のみが映った写真を掲載してしまったが故にこのような事態になってしまったのですね。

関連画像

本当に有名人の噂は広まるのも早いため、これをきっかけに気を付けて欲しいと思います…。


スポンサーリンク



まとめ


今回、羽生結弦さんはとても不安があったと思います。

2017年秋頃からほとんど練習もままならない状況であったにも関わらず、しかも、ジャンプする時に着氷する側の右足を怪我していたにも関わらず、ショート・フリーでほとんどのジャンプを完璧に成功したのは本当に凄い!普通の心境であれば怖くて回転不足になってもおかしくないと思います…。

オリンピック2連覇を果たしたという事で、日本フィギアスケート界にとっても66年ぶりの快挙となります。

今後も更に進化した羽生結弦さんを応援し続けていきたいと思います!

関連画像