【比嘉大吾】15戦連続KOで世界王者防衛成功!日本記録タイ!

歴史に残る戦いが2月4日、沖縄県立武道館にて行われた・・・

WBC世界フライ級王者の比嘉大吾選手の防衛戦である。

「比嘉大吾 15連続」の画像検索結果

相手は同級9位で元2階級制覇王者モイセス・フェンテスで、見事防衛を果たし、

デビューから続く連続KO勝利を15とし、日本記録に並んだ。

今回の記事では歴史的大勝を記録し、さらに記録更新を続けている比嘉大吾選手について書い

ていこう。


スポンサーリンク



プロフィール


「比嘉大吾」の画像検索結果

名前 比嘉 大吾

生年月日 1995年8月9日(22歳)

出身地 沖縄県浦添市

身長 160.1cm

リーチ 164.0cm

階級 フライ級

プロ戦績 15戦15勝(15KO)無敗(連続KO記録は日本記録タイ)

アマチュア戦績(高等学校時代)45戦36勝(8TKO)8敗

これまでの歩み


沖縄県浦添市に生まれ、小、中学校は野球に熱中していた。

しかし、テレビで観た沖縄の英雄『具志堅用高』のボクシングの試合に猛烈な刺激を受け「ボクシングをやろう」と決心、沖縄県立宮古工業高等学校へ進学しボクシング部でボクシングを学ぶ。

「具志堅 KO」の画像検索結果

高校時代は、「攻め続ける」スタイルで、3年生で国体に出場し、フライ級ベスト8という記録を残す。

高校卒業後はプロ入りを決意、2014年1月20日に白井・具志堅ジムへ入門する。

「比嘉大吾 高校時代」の画像検索結果

プロ転向後後は、

2014年6月17日 デビュー戦では、相手を試合開始50秒でマットに沈め勝利

2015年7月24日 WBC世界フライ級ユース王座を獲得

2016年7月2日 OPBF東洋太平洋フライ級王座獲得に成功

2016年11月5日 OPBF王座の初防衛に成功

2017年2月6日 WBC世界フライ級3位にランクイン

2017年3月12日 WBC世界フライ級1位にランクイン

2017年5月20日 WBC世界フライ級王座獲得

2017年6月8日 WBC世界フライ級王者としてランクイン

2017年10月22日 WBC世界フライ級王座の初防衛に成功

なお、ここまでの試合をすべてKOで勝利している。

「比嘉大吾 Ko」の画像検索結果

「比嘉大吾 Ko」の画像検索結果

「比嘉大吾 Ko」の画像検索結果

若干22歳にして末恐ろしいポテンシャルを発揮している。

そして今般・・・

2018年2月4日 沖縄県立武道館において、1ラウンド2分32秒KOにより勝利を収め、WBC世界フライ級王座の2度目の防衛に成功した。

まさしく”伝説の男”に最も近い男といっても過言ではないだろう。

今回の試合を振り返る


今回の相手は、元世界2階級制覇王者31戦25勝(14KO)5敗1分けWBC世界フライ級9位のモイセス・フェンテス(メキシコ)である。

試合開始早々、フエンテスが積極的に前に出ると、彼が放つジャブを食らう場面もあった。

しかし冷静に対応し連打はもらわない。

1分30秒を過ぎたころ、左フックでフエンテスをぐらつかせると、右フックで動きを止めた。

残り30秒になると、左の連打を放つことで意識を上へと集中させ、ガードが空いた腹に、強烈なボディーをたたき込んだ。

フエンテスは、もはや崩れ落ちることしかできない。

「比嘉大吾 15連続」の画像検索結果

相手はそのまま立ち上がることなく、比嘉のKO勝利となった。

比嘉は試合後、

「高いお金を払って1ラウンドで終わってすみません。TV局の皆さんもすみませんでした。倒すと言って臨んだので、やっぱかっこいいですね。持ってる男ですね」

冷め止まぬ会場をさらに沸かせた。マイクパフォーマンスでもKOをきめた。

「比嘉大吾 15連続」の画像検索結果

15戦連続KO勝利という記録は、日本最多記録に並ぶ史上3人目の快挙である。

また、沖縄での世界戦開催は所属ジムの会長である具志堅用高(62)が現役時代、12回KO負けで、同王座の14連続防衛に失敗して以来。

愛弟子が37年ぶりに無念を晴らした。

さらに比嘉はこうも続けた。

「KOがなければただの世界王者。特別な王者になるためにもこれからもKOを続けたい」

と。この男は現状を通過点としか見ていないのか。これからの活躍がますます期待される。

敗北したフエンテスは「納得がいかない」


モイセス・フエンテス選手は試合後、こう話したという。

「私は8カウントで立ち上がった。世界戦で、1度のダウンでストップがかかるのは納得がいかない」

まるで私はまだ戦えたといわんばかりである。

打ち合いを想定していたという彼は、元世界2階級制覇王者という経験値をにじませながら

「試合というのはパンチの応酬。ダウンはしたが、しゃがみ込んだ感じ。簡単に続行できた

と、諦めきれない様子で話した。

公式に10カウントでKO負けであるが、どうしても認めたくないのか。

「モイセス・フエンテス」の画像検索結果
(写真右:モイセス・フエンテス選手)


スポンサーリンク



まとめ


まさに『底が知れない』強さを見せ続ける比嘉大吾選手

おそらく次の試合でも、日本新記録の16戦連続KO勝利を記録するだろう。

今後、彼がどこまでの高みに上り続けるのか・・目が離せない。

「モイセス・フエンテス」の画像検索結果