【卓球:張本智和】全日本選手権2018で大活躍!雄叫びがうるさいいー!チョレイの意味は?両親はなぜ日本に帰化して国籍を変えたのか?その理由が明らかに?

張本智和選手がとんでもない快挙を成し遂げました。

まず、高校2年生以下のジュニアの部で全日本選手権を制した事は皆さんご存知でしょうか?

中学校2年生であの水谷隼選手と並ぶ若さでジュニアの部を制したという事で話題になりましたね。

そして本当に凄いのが、2018年1月21日におこなわれた、全日本選手権(一般の部)で、過去9回の優勝経験のある水谷隼選手を相手に、4-2で破り完全優勝を成し遂げました。

これは、当然ながら、史上最年少での全日本選手権優勝となり、とても話題になっております。

2017年6月にも世界選手権で水谷隼選手を破っておりますが、日本の頂点を決める全日本選手権での優勝は本当に凄いですね!

今回は、そんな張本智和選手について記事を書きましたので、是非、ご覧下さい。


スポンサーリンク



プロフィール


「張本智和」の画像検索結果

名前:張本 智和(はりもとともかず)

出生名:張 智和

愛称:怪物、神童、100年にひとりの逸材

生年月日:2003年6月27日(14歳)

国籍:日本(中国より帰化)

出身地:宮城県仙台市

血液型:O型

身長:172cm(2017年)

体重:61kg(2017年)

世界ランク:11位(2018年1月現在)

所属:JOCエリートアカデミー/木下グループ

使用ラケット / ラバー


2018年1月時点での情報となりますが、下記が、張本智和選手の使用ラケットとラバーになります。

卓球をやられている方は、参考にして頂ければと思います。

※使用ラケット(楽天市場)

※フォア面(楽天市場)

※バック面(楽天市場)

チョレイの意味は?


ネット上で調べていくと、ほとんどの方が「チョレイ」に意味は無いと記載されておりました。

また他にも「ちょろい」から「チョレイ」になったという事を書いている方もおられました。

実際、張本智和選手以外でも、中国人の卓球選手は「チョレイ」という言葉をよく使っています。

つまり、「チョレイ」という言葉は中国由来である事には間違いありません。

しかし、中国語には「チョレイ」という言葉は存在しない…という事で、皆、意味が無いと勘違いをされているようですね。

「張本智和 チョレイ」の画像検索結果

実際のところは、「ナイスボール」の事を中国語で「(好球)Hao Cho」と言います。

中国語の発音的に、「Hao」はとても発音が弱く、そのために「Cho」だけが残って「チョ」という掛け声になりました。

これに、「再び」という意味を持つ「(再)Le」が加わって、「チョレイ」という言葉が誕生したという事でした。

日本人選手は、「ヨー」と言ったりしてますが、これは「良し」というのがくだけて「ヨー」になったようですね。

卓球人は略すのが好きなのかもしれませんね。

日本人の皆さんは、「チョレイ」の意味が分からず、何か嫌な意味では無いか?というイメージで不快な気持ちになり、「うるさい」と言われてしまっているのかもしれませんね…。

意味が分かればあまり気にならなくなると思うのですが…。

「張本智和」の画像検索結果


スポンサーリンク



家族は卓球エリートばかり!


まず張本智和選手の両親は、中国/四川省出身の卓球選手です。

「張本智和」の画像検索結果

父親である張本宇(ユ)さんは、元中国のジュニア代表の卓球選手で、1998年に来日して宮城県仙台市の仙台ジュニアクラブで指導者をされております。

また、現在は、男子ジュニアの日本代表コーチも務めております。

母親である張凌(リン)さんは、1995年の世界卓球選手権に出場したという実力の持ち主です。

実は、妹の張本美和さんも卓球選手です。張本智和選手よりも卓球のセンスがあると言われており、既に、2015年に開催された全日本卓球選手権(バンビの部)で優勝をされております。

父と兄妹は2014年に帰化しますが、何故か、母の凌(リン)さんだけは日本に帰化されていないそうです。

両親はなぜ日本に帰化して国籍を変えたのか?その理由が明らかに?


張本智和選手が日本に帰化された理由について調べました。

大きな理由としては、張本智和選手が日本代表として卓球選手になる事を決意されたからです。

そして、2020年には東京オリンピックが開催されますので、先を見据えて帰化されたという事でした。

「張本智和 東京オリンピック」の画像検索結果

確かに、日本に帰化しておかなければ、いくら生まれてずっと日本で生活を送っていたとしても、中国国籍としての扱いになってしまいますからね。

張本智和選手は日本で生まれ育っているため、中国よりも日本を選んだというのは、普通の流れでは無いでしょうか。

2020年に張本智和選手は、確実に日本代表の絶対的なエースとして活躍される事と思います。
その時の世界ランキングは、勿論、1位になっていて欲しいなと思います。

卓球王国である中国からも批判のコメントもあるそうですので、日本の皆さんは張本智和選手が中国からの帰化選手だからと言って、日本人では無いというのはとても良くない事だと思います。

一大決心をされた張本家に対して、私は敬意を表しますし、これからも全力で日本の卓球界を盛り上げていって頂けるように応援したいと思います。

関連画像


スポンサーリンク



まとめ


今回は、張本智和選手について記事を書きました。

張本智和選手と言えば、「チョレイ」の他にも、「ハリバウアー」も有名ですよね。

関連画像

(完全に余談となりますが、この「ハリバウアー」は、サンシャイン池崎に似ていると言われていたりします…)

関連画像

とにかく、試合を観戦すると、とても気迫のあるプレーで前陣で相手を圧倒している姿をよく目にします。

まだ14歳であり身長は172cmと高くなってきておりますが、体幹はまだ弱いのかなと思う中で、これだけの活躍をされているという事で、今後、更にパワーが付いてきた時の張本智和選手のプレーが今から楽しみでなりませんね。

今回の試合で、水谷隼選手を圧倒していた張本智和選手ですので、こんなにも早く「世代交代」の時期が来るとは思いもしませんでしたが、そうなってしまいましたね。

今後も、うるさいほどの雄叫びをして、世界で活躍していって欲しいですね!

この記事を読んだ方は「チョレイ」の意味も分かってますので、今後、TVで雄叫びを聞いた際には、心地よい叫び声と思う事でしょう!

「張本智和 スーツ」の画像検索結果