【GACKT】本名公開で仮想通貨事業参戦!!格付けチェックのパートナーは??

GACKTさんが本名を初めて明かし、さらに実業家として仮想通貨事業「SPINDLE」に参戦していることを自身のブログで発表しています。

さらに、年明けの『芸能人格付けチェック』のパートナーも決定しています。

今回はGACKTさんについて、気になるワードから調べていきたいと思います。

どうぞご覧ください。

「GACKT」の画像検索結果


スポンサーリンク



プロフィール


GACKT(ガクト)

別名:神威 楽斗(かむい がくと)

生年月日:1973年7月4日

血液型:A型

出身地:沖縄

身長:180㎝

職業:シンガーソングライター・俳優・音楽プロデューサー・声優・実業家

所属事務所:L.O.V.EntertainmenT

GACKTさんは「オリコンシングルランキングTOP10獲得作品数」において男性ソロアーティストで日本の首位の記録を持っています。

その数は現在CDシングル47枚とアルバム19枚です。

紅白歌合戦に4回連続で出場したり、密着取材の特番が組まれたり、さらにNHKK大河ドラマに出演するなどNHKとの結びつきは強いです。

語学力は凄まじく日本語、英語、中国語(北京語)、韓国語、フランス語等を話せるそうです。

「機動戦士ガンダム」の熱烈なファンという一面もあります。

「GACKT」の画像検索結果

GACKTの本名は大城ガクト??


GACKTさんが自身のブログで本名を初めて明かしています。

その名前は「大城ガクト」です。

しかし私は、本名が「大城ガクト」って…、ほんと?と、少し疑問に思ってしまいました。

なぜなら、本名までカッコ良すぎるし、カタカナの名前ってそうそう無いですからね。

そこで本当に本名が「大城ガクト」なのか調べてみました。

すると、GACKTさんの本名で最も濃厚な説では「大城 学(おおしろ さとる)」である事がわかりました。

もう一つ「岡部 学(おかべ さとる)」であるという情報もありましたが、「岡部」は旧姓で、両親の離婚によって「大城」に変わったそうです。

ちなみに「大城」は母方の姓だそうです。

また、「学(さとる)」という名前を後に「学(がく)」と読み方を変えているそうです。

そこから現在の「GACKT」というアーティスト名に由来しているとされています。

「GACKT」の画像検索結果

仮想通貨事業参戦!!


12月26日にGACKTさんのブログで本名の公開と共に、仮想通貨事業に関わっている事を明かしています。

GACKTさんが関わっているのは、仮想通貨の大型ICOプロジェクト「SPINDLE」というものだそうです。

「GACKT SPINDLE」の画像検索結果

SPINDLEは金銀取引のオンラインサービスを提供するBullion JapanのCEOである平井政光が率いる、金融に特化したコンサルティング集団・Blackstar&Coが手がけるプロジェクト。SPINDLEに感銘を受けたGACKTは、コアメンバーとして立ち上げ当初から関わっていた。

                                      引用元:Yahoo!ニュース

仮想通貨はもはや私たちも無視できない存在へとなっています。

GACKTさんはこのブログで、仮想通貨の可能性や、世界から取り残されていく日本経済の落ち込みを危惧した訴えなどを綴っています。

本名を公開してまでのGACKTさんの想いが覗えますね。

                                         ブログはこちらからGACKT Official Blog

「格付けチェック」今回のパートナーは??


GACKTさんと言えば、「芸能人格付けチェック!」で前人未到の個人記録51連勝を叩き出していますね。

格付けチェックは一流のものと三流のものを見極め、一流のものを当てるという内容で、連続正解するだけでも至難の技と言われる中でのGACKTさんの連勝記録はもはや番組内の伝説です。

そして、今回の格付けチェックのGACKTさんのパートナーは、なんとXJAPANのYOSHIKIさんです。

「GACKT YOSHIKI」の画像検索結果

同じような雰囲気の2人で、共に一流の雰囲気がプンプンです。

今回もどこまで連勝記録が続くのか楽しみですね。


スポンサーリンク



まとめ


・本名は「大城 学(おおしろ さとる)」が濃厚。

・仮想通貨事業「SPINDLE」に立ち上げ当初から関わっていた。

・2018年「芸能人格付けチェック!」のパートナーはXJAPANのYOSHIKIさん。

現在GACKTさんは活動の拠点を海外に移しているそうですが、それでも話題は絶えない方だなと思います。

まだまだ謎が多いですし、いろいろな事を考え、挑戦を続けています。

私も彼のような”一流”に憧れます。

これからもGACKTさんには目が離せません。

「GACKT」の画像検索結果