【井山裕太】囲碁界の若き至宝・世界ランキングや年収は!?離婚の理由は如何に・・・?

日本に衝撃が走っております。

史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治さん(47)と、囲碁で2度目の七冠独占を遂げた井山裕太さん(28)が、国民栄誉賞を獲得される可能性が出てきております。

井山裕太さんは2017年10月に名人位を奪還されました。2度目の七冠独占は囲碁、将棋を通じても初の快挙という事でした。

今回はそんな若き囲碁名人である井山裕太さんに関して、記事を書きましたので是非、ご覧下さい。

「井山裕太」の画像検索結果


スポンサーリンク



プロフィール


「井山裕太」の画像検索結果

名前:井山 裕太(いやま ゆうた)

出身地:大阪府東大阪市

生年月日:1989年5月24日(2017年12月現在:28歳)

身長:164㎝

体重:51㎏

プロ転向:2002年

所属:日本棋院関西総本部

名誉称号:名誉棋聖、二十六世本因坊、名誉碁聖

在位中タイトル:棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖、十段

段位:九段

これまでの歩み


元々、祖父がアマチュア囲碁の段位を持っていたそうです。

井山裕太さんが5歳の時に、父親が囲碁のゲームを買ってきてくれた事がきっかけとなりました。

囲碁を始めてわずか半年~1年で3段になり、小学校3年生になる頃には、全日本こども囲碁大会で優勝し日本棋院関西総本部の院生となりました。

中学1年生(2002年)の時にはプロへ転向され、中学卒業後には高校進学はせず、囲碁の道へ突き進む事となります。

関連画像

16歳の時には、史上最年少で4段→7段へ飛び級し、23歳の時には「棋聖位」を獲得されます。

そして、2016年に囲碁界で史上初の快挙となる七冠独占を果たします。

また、翌年の2017年にも、2度目の七冠独占を達成し、年間グランドスラム(年間で七大タイトル全て保持)も達成されました。

「井山裕太」の画像検索結果

年収が凄い事になっている?


井山祐太さんは、常に賞金ランキングの上位に入っております。むしろ、賞金ランキングは断トツの1位です。

2010年…賞金総額:5,648万円

2011年…賞金総額:9,151万円

2012年…賞金総額:1億620万円

2013年…賞金総額:1億6,461万円

2015年…賞金総額:1億7,212万円

「井山裕太 年収」の画像検索結果

下記が、「七冠」を果たした対戦と、その賞金となります。

棋聖…優勝賞金:4,500万円

名人…優勝賞金:3,300万円

本因坊…優勝賞金:3,200万円

王座…優勝賞金:1,400万円

天元…優勝賞金:1,300万円

碁聖…優勝賞金:800万円

十段…優勝賞金:700万円

「井山裕太 棋聖」の画像検索結果

つまり、実際のところは、7冠独占する必要は無く「棋聖戦、名人戦、本因坊戦」で優勝出来れば、年収1億円は突破出来てしまう計算になりますね…。

決して、そんな簡単に優勝出来るような対戦では無いのですが…。

今後も、ほとんどの対局で勝利する事となりますので、年収:1億円は維持されるのかなと思われます。

これで、井山祐太さんがどれほど凄い方なのかが分かったかと思います。

囲碁において毎回、勝つ事が出来る感覚が一般人には理解が出来ませんが、本当に頭の回転が速く、先の一手が見えているのでしょうね。

離婚の理由とは?


井山裕太さんは、2012年に、女流棋士として有名な室田伊緒さんと結婚されております。

「井山裕太 結婚」の画像検索結果

2012年というと、既に井山裕太さんの年収は1憶円を超えるレベルとなっておりました。

馴れ初めは、結婚から遡る事2年半前、大阪のお好み焼き屋さんで、偶然、囲碁メンバーと一緒に井山裕太さんが、将棋メンバーと一緒に室田伊緒さんが訪れ、お二人の誕生日が同じという共通点から話が盛り上がったそうです。

しかし、残念ながら幸せな日々は長くは続きませんでした。約3年半の結婚生活を終え、2015年に離婚をする事となりました。

この理由に関してですが、井山裕太さんの浮気?という噂もありましたが、実際のところはすれ違いの生活が原因のようですね。

とにかく多忙を極める井山裕太さんですので、ほとんど2人の時間を作る事が出来なかったそうです。

「室田伊緒」の画像検索結果

富・名誉があるにも関わらず、結婚相手とはお別れする結末というのは、少し寂しいですね。
しかし、お二人の間には子供は居なかったため、円満離婚となったという事で、不幸中の幸いという事になりますね…。

勿論、室田伊緒さんも現役の棋士ですので、お互い話し合って決めた事のようですね。

個人的な意見ですが、2015年には井山裕太さんの年収は1億7,212万円です…この富を逃した室田伊緒さんは大きな痛手では無いのでしょうか…。

幸せって難しいものだと改めて感じさせられました。

私も時間が大切という事を肝に命じる事とします。


スポンサーリンク



まとめ


ここ数年でとてつもない快挙を成し遂げている井山裕太さん。

今後も益々、ご活躍される事と思います。

プライベートの時間も見つけて、色々な面で充実させていって頂きたいなと思います。

今後、国民栄誉賞を授与される日も近そうですし、日本が誇る囲碁の達人として名を馳せていって頂きたいと思います。

まだ20代ですので、まだまだ夢がたくさんありますね!本当に将来が楽しみです!これからも頑張って下さい!

「井山裕太」の画像検索結果