【宮根誠司が別居報道?】嫁のまゆみは韓国人?子供(かくしご?)の幼稚園や小学校は!?

宮根誠司さんと言えば、テレビ朝日のアナウンサーを経てフリーアナウンサーへ転身され、その後、「情報ライブ ミヤネ屋」の司会として大ブレイクされております。
2017年11月30日発売の『週刊文春』に「隠し子を産んだA子さんの激白!」という記事が掲載されておりました。何故今更…と思われる方も居るのでは無いでしょうか?
宮根誠司さんのこれまでの歩みを整理してみましたので、是非、ご覧下さい!

「宮根誠司」の画像検索結果


スポンサーリンク



プロフィール


「宮根誠司」の画像検索結果

名前:宮根 誠司(みやね せいじ)

生年月日:1963年4月27日

出身地:島根県大田市

身長:173cm

血液型:B型

出身校:関西大学 経済学部

所属:TakeOff(テイクオフ)※フリーアナウンサー

宮根誠司さんの歩み


まず、今から約25年前になりますが、1993年1月にモデル(イラストレーター:黒田征太郎さんの娘)と結婚され2人の子供が誕生。

この頃から、出版社に勤務している現在の奥さんと知り合う事となります。

それから約11年の月日が流れ、2004年7月に子供は奥さん(モデル)が面倒を見る事なり離婚。

その後、現在の奥さんとの交際がスタートしますが、そのタイミングで夜の店で知り合った愛人Aさんとも交際をスタートします。

離婚から2年後の2006年8月に、現在の奥さんと入籍しますが、翌年の2007年6月に愛人Aさんが宮根誠司さんの子供を妊娠している事が発覚します。

ようやく愛人Aさんは宮根誠司さんが結婚しているのを知る事となります。

そしてついに2008年2月には愛人Aさんとの子供(女の子)を出産します。

「宮根誠司 女性セブン」の画像検索結果

何故か、世間に対しては、その9ヶ月後の2008年11月に再婚している事を公表されております。

約3年後の2011年春には現在の奥さんが子供(女の子)を出産(これで4人目!?)。

2012年1月に『女性セブン』で宮根誠司さんに隠し子がいる事が報道されてしまい、自身の番組の冒頭で事実を認め謝罪されております。

「宮根誠司 女性セブン」の画像検索結果

嫁のまゆみは韓国人?


宮根誠司さんの奥さんは、愛人Aさんとの間に子供が出来た事を知った時、衝撃のあまり1時間ほど沈黙があったそうですが、「(子供を中絶しなかったのは)それはとりあえず正解や。あとはあなたのできる範囲で、自己責任でちゃんとやりなさい」という事を言われたそうです。

世間一般的な考え方からすると、まず「不倫」をしていたその事実があるだけで発狂してもおかしくない状況かと思います。

その時に、こういった発言が出来る奥さんは、本当に寛大な方なのだろうと思います。

奥さんが韓国出身という噂が広がっておりますが、調査したところそのような事実は無さそうです。

「宮根誠司 アナザースカイ」の画像検索結果

噂になってしまった背景は、「アナザースカイ(日本テレビ)」で宮根誠司さんが訪れた場所が韓国であった事や、韓国の観光大使を務めるほどの韓国好きである事や、韓流ドラマ「冬のソナタ」にはまっていたという事実から、間違った噂が広まってしまったようですね。メディアの力は凄いですね…。

子供(かくしご?)の幼稚園や小学校は!?


2017年11月27日発売の『女性自身』にて、宮根誠司さんは奥さんと子供(女の子)と別居されると報道されております。

今後に関してですが、2018年4月から娘さんは東京都内の有名私立小学校に入学する事となり、東京で生活する事になるそうです。

2012年1月に隠し子の存在が報じられましたが、その際、奥さんは宮根誠司さんを許し、それ以降は、奥さんに全く頭があがらなくなってしまったようです。

東京都の小学校へ入学させたいというのも奥さんの願いからという事でした。

宮根誠司さんは、生放送の「情報ライブ ミヤネ屋」での司会があるため、大阪府ー東京都を間をかなり頻繁に移動する事となりそうです。

「宮根誠司」の画像検索結果

週刊文春に掲載された内容とは!?


関連の記事がありましたので引用をさせて頂きます。これが事実であれば、週刊文春に掲載されてしまっても仕方がないのかなと思いますね…。

宮根誠司が喰らった「文春砲」ネットでは大喝采

宮根誠司が喰らった「文春砲」ネットでは大喝采

宮根誠司が喰らった「文春砲」ネットでは大喝采の画像

フリーアナウンサーの宮根誠司に“文春砲”が炸裂した。11月30日発売の『週刊文春』(12月7日号)誌上で宮根の隠し子の母がインタビューに答え、その記事の一部が発売前日にインターネットでも公開された。

《私はこの十年間、ずっと我慢し続けてきました。彼がついた嘘で、私は愛人呼ばわりをされ、冷たい目で見られてきた。それでも、彼やその家族の迷惑になるだろうと、本当のことを話さずに黙って我慢してきました。ただ、最近、ある事実を知って彼のことをどうしても許せなくなったんです。》

週刊文春の取材に対し、宮根は「事務所を通してください」と繰り返すだけで回答はしなかったという。

今回、告白をしているのはA子さんという女性。2004年6月ごろに宮根と出会い、交際がスタートしたという。

2006年8月に宮根は現在の妻と再婚を果たしているが、A子さんには結婚の事実を伏せていた。そして、2007年6月にA子さんが宮根の子供を妊娠していることが分かった。このA子さんは2012年に女性週刊誌で報じられた女性と同一人物とみられる。

このとき宮根は自ら司会を務める『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で「すべて事実です」と認め、「記事をご覧になって、多くの方々が宮根には失望した、がっかりしたといわれる方がたくさんいらっしゃると思いますが、心を新たに皆さまの期待、信頼に応えられるよう、一から頑張っていきたい」と謝罪した。

引用元:@niftyニュース


スポンサーリンク



まとめ


今回は、宮根誠司さんについてまとめさせて頂きました。

「情報ライブ ミヤネ屋」は面白い!と言われておりましたが、現在は視聴率も低迷しており、何より宮根誠司さん本人の世間からの印象が非常に良くないですね。

もし今回の週刊文春に報じられた内容が事実であるならば、まずは自分の過ちについては謝罪をして頂きたいですね。

それにしても愛人Aさんは今まで長い間、事実を伝えたくても伝える事が出来なかったという事ですので、非常に辛い経験をされたのだろうと思います。また、子供を産んでしまったが故の苦労も多々あったかと思います。

1度限りの人生です…色々な状況が想定されますが、最善の方法で解決していって頂ければと感じました。

「宮根誠司 謝罪」の画像検索結果