安室奈美恵の引退後について!プロデューサーとして芸能界復帰が濃厚に!?

2018年9月で、芸能生活に終止符を打ち、引退を発表している安室奈美恵さん。メディアへ公表しているコメントなどを元に、引退後の生活を大胆予想してみたいと思います。


スポンサーリンク



プロフィール


1977年 9月20日沖縄県那覇で生まれる。現在は40歳

1987年 (当時10歳)に、沖縄アクターズスクールへ見学に訪れた際、同校のマキノ
正幸校長にスカウトされ芸能活動をスタート

1992年 SUPER MONKEY’Sとしてメジャーデビュー、東芝EMIに所属

1994年 「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S」に改名

1995年 事務所をエイベックスに移し、小室哲哉プロデュースによるソロ活動に移行

1996年 彼女のファッションを真似る、通称「アムラー」が、20代女性を中心にブーム
を起こし、同年の日本レコード大賞を史上最年少(当時19歳)で受賞

1997年 「CAN YOU CELEBRATE?」でダブルミリオンを突破、邦楽女性ソロアーティス
ト歴代1位のシングル売上を記録、ソロ名義でのシングル総売上は史上最速記
録(2年1ヶ月)で1,000万枚を突破

1998年 出産のため1年間の産休

2001年 小室哲哉氏のプロデュースを離れる

2002年 今井了介・ZEEBRA・VERBALと”SUITE CHIC”(スイート・シーク)立ち上げ

2007年 オリコン・シングルトップ10連続獲得年数記録を13年に更新、女性アーティスト
歴代1位。同曲の着うたではミリオン認定を記録(90万ダウンロード)当時30歳

2008年 女性ソロアーティスト史上最多動員数を記録したアリーナツアーを開催(50万人
動員)

2009年 ライブDVD初動売上記録で女性アーティスト歴代1位。Blu-ray盤との2部門制覇
は女性アーティスト史上初。10代・20代・30代の各年代でのオリジナルアルバ
ム首位獲得はソロアーティスト初。アジア5ヶ国・地域での首位獲得は日本人女
性アーティスト史上初

2010年 アジアの女性アーティストとして初の『World Music Awards』出演

2012年 全国5大ドームツアー開催。約34万人動員は女性ソロアーティスト歴代トップ

2014年 38公演31万人動員の全国アリーナツアー開催

2015年 「Dimension Point」という自身のプライベートレーベルを設立し移籍

2016年 2017年5月までの前人未踏33会場100公演の全国ホールツアー開催

2017年 デビュー25周年、電撃引退発表

・・・と、まあ簡単にはまとめられないほど華やかな経歴をお持ちです!まさにトップスターですね!

ちなみにこの25年間での受賞歴もものすごいことになっています。気になる方はこちらへどうぞ。

最新アルバムはデビュー25周年の超豪華ベスト盤


25周年である今年の11月8日にはベストアルバム「Finally」を発売します。このアルバムには、

デビュー曲から最新シングル曲までの中から選び抜かれた45曲に加え、新曲全6曲を含む、全52曲を収録!

シングルセールス記録(229.6万)を持つ「CAN YOU CELEBRATE?」や、300万ダウンロードを超えるメガヒット曲「Love Story」、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「Hero」をはじめ年代ごとに選りすぐりの楽曲をセレクト。

新曲には、10月放送開始のTBS系火曜ドラマ「監獄のお姫さま」主題歌「Showtime」、フジテレビ系アニメ「ONE PIECE」主題歌「Hope」、Hulu CMソング「Do It For Love」、日本テレビ系 「NEWS ZERO」テーマ曲「Finally」のほか、未発表の新曲を収録。

まさに、ベスト・アルバム+ニュー・アルバムのボリュームを兼ね備えた、25年間の歴史を辿るベスト・オブ・ベストアルバム。

さらに、DVD・Blu-rayには、アルバム初収録となるミュージックビデオ「Red Carpet」以後「Just You and I」までの6曲に加え新曲MVも多数収録予定。

どんだけ豪華やねん!と、突っ込みたくなるほど豪華なラインナップです!

しかも、ローソンHMVで購入すると、初回限定版としてオリジナルポスターがついてくるという、ファンにはたまらない仕様となっています。

引退後はプロデューサーとして復帰する!?


安室奈美恵さんの引退発表を受け、インタビューを収録した、日本テレビ系「独占密着・安室奈美恵!今の思いを語る!」が11月5日に放送され、

そのなかで安室さんは「すべては、コンサートのためにある仕事。コンサートを中心に、楽曲も選ぶし、撮影もするし、振り付けもするという感じ」「常にリスクも想定して、決めていかなきゃいけない。やっぱり、常に不安でしたね」と公演を振り返っています。

番組の最後では、新曲に込めた思いを、「自分の引退というものに結びつく楽曲になるなと思っていた」「歌詞の世界観も前向きに…引退自体も後ろ向きなものではなく、次に進むステップの通過点」と話しています。

また、音楽関係者によるとこうもささやかれています。

 「いまだに、はっきりと引退を決意した理由について明かしていない安室。年齢を重ね、自分の思い描いていたパフォーマンスができなくなったことが引退理由と言われているが、引退して、ある程度時間が経ったら復帰するという説が濃厚なようだ。とはいえ、復帰の際には、アーティストではなくプロデューサー業に専念するのではと言われている」

引用:ライブドアニュース

これは衝撃的でした。もし安室奈美恵がプロデューサーとして復帰するのなら、

その楽曲は誰が歌うことになるのか!?

またそれはいつになるのか!?

引退発表をしてもなお、今後の展開を楽しみにさせてくれる。

そんな安室さんがやっぱり好きです。

まとめ


引退発表後、超豪華版ベストアルバム発売や、多数のテレビ番組で特集が組まれ、引退後もプロデューサーとしての活動が噂されるなど、ますます注目を浴びる安室奈美恵さん。

引退までラストイヤーとなるこの1年間は目が離せませんね!


スポンサーリンク